基本情報

1915年に開業し、2012年に東京駅丸の内駅舎とともにリニューアルを果たした東京ステーションホテルは交通の便が最高のホテルですが、国の重要文化財である東京駅丸の内駅舎の中に位置し、文豪たちの定宿となったホテルとしても有名です。 特に知られているのは松本清張の小説『点と線』。時刻表を使ったトリックは、客室から見渡せたプラットフォームを見ていた際にひらめいたと言われています。その他、川端康成、内田百閒、江戸川乱歩らが宿泊された部屋も残っています。作家の作品を読書しながら、ゆったりとホテルライフを楽しむのはいかがでしょうか?

スポット情報

・スポット名: 東京ステーションホテル

・最寄駅からJR線「東京」駅南口直結

・ランドマークポイントからのアクセス目安:JR東京駅より約0分、JR新宿駅より約20分

 

・ホテル名: 東京ステーションホテル

○宿泊プラン: 【お年玉プラン】2021年の旅行初めは東京ステーションホテルへ
オリジナルグッズ「文豪セット」つき

・2021/1/4-1/31 ※平日限定

○宿泊料金: 1泊2日 1室1~2名様 74,580円~

○内容: 人気のお部屋2階建ての「メゾネット」にお得にご宿泊して、文豪セット(メモ用紙・ボールペン・ステッカー)が頂けるブランです。

その他、東京駅の飲食店・お土産の購入で使えるクーポン付きプランや、フランスの香水ブランド「イストワール ドゥ パルファン」の香水が付いたレディースプランなど各種プランがあります。
※詳細は下記サイトにてご覧ください。

 

<スポット情報>

日本語・English-・東京ステーションホテル・The Tokyo Station Hotel

周辺情報

日本語・English-千代田区観光協会・Chiyoda City Tourism Association http://www.kanko-chiyoda.jp/